楽天クレジットカードのポイント還元率を徹底比較!

未分類

高還元率で顧客満足度の高いクレジットカードを発行する「楽天」。
その楽天が発行するクレジットカードは、実に様々な種類があります。

そのため、楽天のクレジットカードを比較されている方の中には、どれが高還元率か気になる方も居るのでは?

今回は、そんな方に向けて楽天クレジットカードの還元率を比較します。
どのクレジットカードの還元率が優れているか気になる方は、ぜひご覧ください!

各種類の一覧表

楽天は、数多くのクレジットカードを発行しています。
その数は9種類あり、各クレジットカードの還元率は以下の比較表通り。

楽天カード 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード
券面
年会費 0円 2,000円 10,000円
還元率 1.0% 1.0% 1.0%
楽天ブラックカード 楽天PINKカード 楽天カードアカデミー
券面
年会費 調査中 0円 0円
還元率 調査中 1.0%
楽天ビジネスカード 楽天銀行カード 楽天ANAマイレージ
券面
年会費 2,000円 0円 500円
還元率 1.0% 1.0% 1.0%

各クレジットカードにおける還元率や年会費は、比較表の通りです。

比較表から分かる通り、年会費こそ違えど基本還元率はどれも同じ。
どれも1.0%と高還元率なのは、楽天が発行するクレジットカードの強みでしょう!

高ランクのものほど還元率が上がる!?

楽天のクレジットカードは、楽天サービス利用時に還元率がアップするサービスを備えています。

このサービスは、実を言うと高ランクのクレジットカードほどお得!
というのも、高ランクのクレジットカードほど還元率の倍率が上がるからです。

例えば、楽天市場で買い物をするときの還元率を比較してみましょう。
以下の表は「楽天カード」と「楽天ゴールド」における還元率の上がり具合を比較したものです。

楽天カード 楽天ゴールドカード
基本還元率 1.0% 1.0%
楽天市場ご利用ポイント 1.0% 1.0%
楽天カード利用特典 1.0% 1.0%
楽天ゴールドカード利用特典 2.0%
合計 3.0% 5.0%

比較表の通り、楽天市場での還元率は「楽天ゴールドカード」の方が2.0%も高め!
こうした違いがあるので「還元率の上がる施策」ならびに「どれくらい上昇するか」を比較しましょう。

一般とゴールドはどちらがおすすめ?

上記では「楽天ゴールドカード」の方が2.0%も還元率が高いのでおすすめと言いました。
しかし、年会費を比較すると「楽天ゴールドカード」は「楽天カード」より2,000円も高いことが分かります。

では、それを踏まえたうえで、どちらのクレジットカードの方が良いのでしょうか?
結論を言えば、楽天市場にて年間利用額が10万円を超えるかどうかで持つべきクレジットカードを決めるのがおすすめ!

以下は、2枚のクレジットカードにおける「年会費」と「楽天市場利用時の還元率」から「10万円利用時の還元分」を比較した表です。

一般とゴールドの比較表
一般 ゴールド
券面
年会費 0円 2,000円
楽天市場での
還元率
3% 5%
楽天市場で
10万円利用時の還元分
3,000円分 5,000円分

比較表から分かる通り、10万円利用時の還元分は差額が2,000円になります。
これにより年会費分が帳消しになるので、10万円を基準に決めるのがおすすめなのです!

ただ、ここで出てくるのが「10万円も利用しないかも…」という問題。
楽天市場では、日用品から食料品まで幅広く扱っているので、年間10万円の利用程度なら簡単に使ってしまえることでしょう。

「楽天ゴールドカード」を作れば、ゴールドランクにしか無いサービスを享受可能。
また、良質なクレヒスを積めば還元率がさらに上がる「楽天プレミアムカード」を作る足掛けにもなるので、おすすめのクレジットカードです!

他のクレジットカードも比較してみよう!

以上、楽天が発行するクレジットカードにおける還元率の比較でした!

今回は楽天のクレジットカードにおける還元率の比較方法を解説しましたが、他社のクレジットカードにおける還元率を比較するときは、別のことを確認しなければなりません。

そういった比較方法を以下で解説しているので、こちらも確認してみてください!

還元率の比較方法

未分類
クレジットカードのポイント還元率比較サイト
タイトルとURLをコピーしました