クレジットカードのポイント還元率比較サイト

「ポイント還元率の高いクレジットカードが欲しい!」
「何を比較すれば高還元率のクレジットカードだと分かるの?」

そういった悩みを抱えた方は、ぜひ当サイトをご覧ください!

当サイトでは、高還元率のクレジットカードを見分ける比較方法を解説。
その比較方法を踏まえたうえで、おすすめのクレジットカードまで紹介しています!

クレジットカードを利用するうえで、還元率はとても重要なサービスです。
そのサービスを最大限に利用するため、比較方法を学んだうえでクレジットカードを作ってみてください!

高還元率のクレジットカードを多数掲載!
クレジットカード比較おすすめ.net

還元率とは?

還元率とは、利用額に対して何円のリターンがあるかを示す指標のこと。
例えば、利用額100円で1円分の還元があるなら、還元率は1.0%という訳です。

そのため、利用額200円で1円分の還元なら還元率は0.5%。
利用額1,000円で5円分なら、こちらも還元率は0.5%になります。

よく「利用額100円で1ポイント貰えるから還元率は1.0%だ!」と思う方が居ますが、これは間違い。
上記は、あくまでもポイントの獲得条件なだけで還元率を表してはいません。

還元率とは、その獲得したポイントがいくらの価値で、利用額に対して何円分の還元があるかを示したものなので、比較するときは間違えないようにしましょう。

ポイントの交換先で還元率は変わる?!

各クレジットカードの還元率は、常に一定とは限りません。
なぜなら、交換する商品によって1ポイントの価値が異なるからです。

例えば、100円毎に1ポイント貰えるクレジットカードがあったとします。
そのクレジットカードで貯めたポイントの交換先が、以下の4通りだった場合を比較しましょう。

交換商品 必要ポイント 還元率
交換先A 1,000円分の商品券 1,000ポイント 1.0%
交換先B 2,000円分の商品券 1,000ポイント 2.0%
交換先C 1,000円分の商品券 1,000ポイント 0.5%
交換先D 2,000円分の商品券 1,000ポイント 1.0%

当該クレジットカードで1,000ポイントを貯めるには、10万円の利用が必要。
それを加味して比較すると、各交換先での還元率は比較表の通りになり、Bが最もお得だと分かります。

このように、各クレジットカードの還元率は交換先によって変わります。
そのため、お得な交換先があるかも還元率を比較するうえで非常に重要です!

公式サイトなどに記載の還元率は、基本的に交換レートが最も高い商品のものが書かれています。
そのため、比較するときは、交換先も確認しておくことをおすすめします。

ランクによる違いは特になし

クレジットカードは、ランクの高いものほど性能が良いです。
例えば、ゴールドは空港ラウンジが使えたり、プラチナはコンシェルジュサービスを利用できたり…。

では、ポイント還元率は高くなるのかというと、高ランクになるほど高くなるようなことは特にありません。
例えば、三井住友のクレジットカードをランク別に比較したのが下記の表。

一般 ゴールド プラチナ
券面
年会費 1,250円 10,000円 50,000円
還元率 0.5% 0.5% 0.5%

続いて、エポス発行のクレジットカードも比較してみましょう。

一般 ゴールド プラチナ
券面
年会費 永年無料 10,000円 30,000円
還元率 0.5% 0.5% 0.5%

比較表の通り、ランクが高くなれば還元率が上がる訳ではありません。
実際「REX CARD」というクレジットカードは、一般ランクで年会費無料ながらも、ポイント還元率は1.25%もあります。

このように、高ランク・高年会費だからといって高還元率という訳ではないことは、クレジットカードを比較するときのために覚えておきましょう!

高ランクのクレジットカードはお得な場合もある!

では、高ランクのクレジットカードを選ぶべきではないかというと、必ずしもそうな訳ではありません。
というのも、高ランクのクレジットカードほど「還元率の上がるサービス」を備えているからです!

例えば、JCB発行のクレジットカードは「年間利用額」によって還元率が以下に変化。

年間利用額 一般 ゴールド プラチナ
300万円以上 70%UP 60%UP
100万円以上 60%UP 50%UP 50%UP
50万円以上 30%UP 20%UP 20%UP
30万円以上 20%UP 10%UP 10%UP

※各倍率はランク適用中のポイントに適用

またエポス発行のクレジットカードを比較すると、ゴールドとプラチナに限り「年間利用額によるキャッシュバックサービス」も付帯。
これを加味すると、一般ランクのクレジットカードとは還元率に大きな差が生まれます。

このように、ランク毎の基本還元率は変わりませんが、サービスにより違いが出ることもあるので、その点も含めクレジットカードを比較すると良いでしょう!

高還元率のクレジットカードを比較する方法!

高還元率のクレジットカードといっても、その種類は多々あります。

ここでは、そんな高還元率のクレジットカードを見分けるための比較方法を解説します。

基本還元率が高い

当然ですが、基本還元率が高いに越したことはないので比較しましょう。

クレジットカードの平均還元率は0.5%。
そして高いもので1.0%と言われているので、比較するなら1.0%以上のものが好ましいです。

還元率の比較方法は、下記の手順通り。

  • 「利用額〇〇円で〇〇ポイント手に入るか」を調べる。
  • 「何ポイント集めれば商品に交換できるか」を調べる。

例えば、利用額100円で1ポイント付与のクレジットカードがあったとします。
このクレジットカードで「1,000ポイント=1,000円分の商品券」と交換できる場合、1ポイントの価値は1円です。

1ポイントは100円の利用額毎に貰えるので、このクレジットカードは還元率が1.0%となります。

クレジットカードによってポイントの入手方法は異なる他、商品券などの交換レートも違うので、よく比較するようにしましょう。

ポイントの獲得数がアップサービスがある

クレジットカードによっては、還元率を上げるサービスを備えたものがあります。
よくあるサービスを比較すると、下記のものが一般的。

  1. 特定のお店にて買い物をするときアップ。
  2. ショッピングモールサイト利用時にアップ。
  3. 年間利用額によって次年度からアップ。

1番の場合、特定のお店が何かをしっかり比較しましょう。
なぜなら、あなたが利用しないお店が対象店舗なら意味がないからです。

これは、2番でも同様のことがいえるので、1番と2番のサービスを備えたクレジットカードを作るときは、対象店舗を比較しましょう。

3番を比較するときに重要なのは、あなたの想定利用額が条件のラインを上回るかどうか。
クレジットカードは「税金・公共料金・携帯代・家賃」などの支払いもできるので、こちらはクリアできる方も多いことでしょう。

クレジットカードを比較するうえでの注意点

比較方法以外にも、選ぶときのために注意点も知っておくべき!

ここでは、そんな注意点を解説するのでご覧ください。

ポイントの獲得タイミング

ポイントがいつ付与されるか、反映されるタイミングも比較しましょう。
反映のタイミングを比較すると、大きく分けて以下の2通りあります。

  • 月間総利用額から計算して反映。
  • 会計時の金額から計算して反映。

上記の内、反映タイミングとして好ましいのは前者。
というのも、ポイントの取りこぼしを比較すると後者の方が圧倒的に多いからです。

例えば、毎日980円の買い物を1カ月間続けたとしましょう。
この買い物を1,000円毎に1ポイント貰えるクレジットカードで決済した場合、上記のパターンによる獲得ポイントは以下になります。

  • 前者:29ポイント
  • 後者:0ポイント

このように、後者は利用方法によりポイントを獲得できないことがあります。
こうしたことが起こりえるため、ポイントを付与されるタイミングは必ず比較しましょう!

有効期限

高還元率のクレジットカードは、それだけでも魅力的です。
しかし、いくら高還元率でも貯めたポイントも消費しなければ意味がありません。

それでいうと、一般ランクのクレジットカードは高還元率である反面、有効期限が短いものが多め。

例えば「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%で年会費無料のクレジットカード。
このクレジットカードの有効期限を見てみると、1年間と比較的短いことが分かります。

ポイントは1年後に失効してしまうため、その前に利用できるかを加味して、有効期限はしっかり比較しましょう。

商品交換との最低ライン

有効期限を比較するときは、ポイントの最低交換ラインを比較も忘れず行いましょう。

交換最低ラインは、クレジットカードによって異なります。
例えば「Orico Card THE POINT」は500ポイントから利用できるのに対し、「楽天カード」は1ポイントから利用可能。

このように、獲得ポイントは最低交換ラインに届かない限り使えないので、その点も比較しましょう。
また、最低交換ラインを知ったあとは、それを貯めるのに必要な利用額も比較するべきです。

例えば「Orico Card THE POINT」は利用額100円毎に1ポイント貯まるクレジットカード。
そのため、500ポイント貯めるには50,000円の利用で最低交換ラインに届くことになります。

この必要利用額と有効期限を確認したとき、自身の想定利用額を上回るのであれば心配要りません。
しかし、そうでない場合は別のクレジットカードを比較される方がおすすめです。

おすすめのクレジットカードを徹底比較!

1位
REX CARD
2位
JCB CARD W
3位
リクルートカード
4位
楽天カード
5位
Orico Card THE POINT
6位
dカード
7位
ビックカメラSuicaカード
券面
年会費 永年無料 永年無料 永年無料 永年無料 永年無料 永年無料 477円
還元率 1.25% 0.50% 1.20% 1.00% 1.00% 1.00% 1.00%
特典 リボ払いで還元率0.5%アップ
ジャックスモール利用で+0.5%~12%
ボーナスポイントが常に0.5%
JCB ORIGINAL SERIES PARTNER
ポンパレモール利用時:+3.0%~20%
じゃらんnet:+2.0%
ホットペッパーグルメ:予約人数×50P
楽天市場:ポイント最大3倍
楽天トラベル:ポイント最大2倍
楽天カード優待店:ポイント最大2倍
入会後半年間は還元率2倍
オリコモール利用+0.5%
オリコモール特別加算+0.5%
ローソンにてdカード決済で3%OFF
ローソンにてdカードの提示で+1.0%還元
定期券・オートチャージで還元率1.5%
ビックカメラ利用時:最大11.5%

ランク毎のおすすめを紹介!

当サイトでは、高還元率のおすすめクレジットカードをランク毎に紹介しています。
以下で確認できるので、こちらもぜひご覧ください!

一般クレジットカード ゴールドクレジットカード プラチナクレジットカード
クレジットカードのポイント還元率比較サイト
タイトルとURLをコピーしました